事業内容

私たちは、"All you need is Love and Safety"をコンセプトに、子どもの事故による傷害を予防することを目的に活動しています。

 

Safety Kids いずみは、横浜市泉区を拠点として子どもの事故予防推進活動を行う非営利の団体です。2007年~2008年に泉区役所で開催されていた「子どもの事故予防推進ボランティア養成講座」を受講したメンバーが中心となり、2009年4月にSafety Kids いずみを立ち上げました。

 

<主な活動内容>

①保護者や子育て支援者を対象とした講演会やワークショップの企画・実施

②幼児から小学生を対象とした事故予防教育の企画・実施

③保護者向けおよび子ども向け事故予防教材の企画・制作

④子どもの事故の調査・分析とリスクコミュニケーション(子ども事故調)

 

子どもの事故を予防するためには、実際にどのような事故が起きているのかを知ることが重要です。特に道路や公園などはその地域の人でなければ気づかない危険が潜んでいる場合があります。Safety Kids いずみでは保護者のみなさんに地域の子育て支援拠点等に集まっていただき、身近な事故情報を共有する場を設けています。

 

【写真 葉山町子育てセンター「ぽけっと」で事故情報収集を行っている様子】

子ども用事故予防教材「どっちがよいこ?」(かみしばい)

【やけど予防】

・なつやすみに「はなび」をしたよ

・ろうそくの火がパジャマについてしまったよ

・てーぶるのうえにライターがおいてあったよ

【水の事故予防】

・なつやすみに「かわあそび」をしたよ

・なつやすみにつりをしたよ

・なつやすみにプールにいったよ